カテゴリー: 探偵

脅迫・恐喝対策の費用はどのくらい?

探偵社や興信所に脅迫・恐喝対策をいらした際、どの程度の費用が必要なのでしょうか。探偵社や興信所は全国統一価格が存在するわけではありませんのでかなり料金の幅は広いのです。ネット上で調べてみますと調査の着手金として10万?100万円、解決時の成功報酬として20万?200万円と記載されているサイトを見つけました。さらに交通費等の実費は別途請求となりますから、最大300万円+αの費用を要するようです。探偵社や興信所に調査依頼した場合の費用にこれだけの幅が存在するのは個別案件で調査内容が大きく異なること、調査の難易度、さらに調査依頼者から探偵社や興信所に提供される情報量に調査内容が大きく左右されるからです。調査依頼者から提供される情報量が多ければ調査難易度は多少低くなり、調査期間も短くなることもあり得ますのでそれなりの価格で調査が収まるものと思います。脅迫・恐喝にお悩みの方は探偵社、興信所に相談するまでに出来らだけ多くの情報をまとめておきましょう。どのような状況でどういった内容の脅迫・恐喝をされているのか、その頻度、場所、方法など何でも構いません。できるだけ多くの情報をまとめて効率の良い調査となるように心がけてください。

脅迫・恐喝対策の内容とは

探偵社や興信所が行う脅迫・恐喝対策はどのようなものでしょうか。まず、何と言っても調査依頼者と探偵社・興信所との間の綿密な打ち合わせが必要です。探偵社や興信所はこの打ち合わせで得られる情報量によって調査内容が大きく左右されてきます。脅迫・恐喝をはたらく人間は身元を偽っている人間がほとんどです。ですからまず脅迫・恐喝をはたらいている人間を特定しなければなりません。その為にまず電話の音声を録音して追跡調査ができる材料を揃えます。とはいえ、携帯電話がプリペイド式で誰ものかわからなかったり、車両を使っている場合はそれが本人のものでなく、盗難車であったりして、脅迫・恐喝をはたらいている人物の特定に至らないケースも多く見受けられます。そんな時は最終手段として調査員が脅迫・恐喝されている本人である調査依頼者に近しい人物を装い、直接脅迫・恐喝をはたらく人物に接触することもあります。そしてその人物を尾行したり、張り込むことで身元を明らかにし、脅迫・恐喝の証拠をそろえるのです。如何に脅迫・恐喝の証拠を取りそろえるか、それが探偵社・興信所に与えられた使命です。