カテゴリー: ダイエット

お腹インアウトダイエットとは

お腹インアウトダイエットとは、お腹を出して引っこめるだけで痩せることができるという画期的なダイエット法です。お腹インアウトダイエットの本質は、腹凹ダイエットであり、ゆるい腹筋運動になります。簡単に腹直筋を鍛えることができて、内臓脂肪を撃退する効果があります。お腹インアウトダイエットは、簡単に言うと、腹直筋を鍛えてお腹周りの脂肪を燃焼させるダイエット法になります。やり方は非常に簡単で、お腹を引っ込めて突き出すのを繰り返すだけです。歩きお腹インアウト法というのもあり、二歩ごとにお腹を出して引っ込めるのを繰り返します。お腹インアウトダイエットは、正しい呼吸方法が大事で、そうすることでトレーニング効果をアップさせることができます。筋肉の収縮を伴うときに息を吐き、筋肉の伸長を伴うときに息を吸うのがコツで、実践する時はお腹を引っ込める時に息を吐き、お腹を出す時に息を吸います。呼吸を意識するだけで、汗の出かたや疲労感が全く違います。お腹インアウトダイエットは、ながらダイエットに成功したことがない人におすすめで、ダイエットの効果を高めることができます。

おかゆダイエットの効果

おかゆダイエットの効果は、実際にどのような感じなのでしょうか。効果のでかたは個人差があるようですが、成功者と失敗者がいるようです。成功した方は、おかずは野菜や豆類などが中心の油を控えめにした料理をもともと食べていたけれど、ご飯が好きで食べ過ぎていたというような方が多いです。また、ざっとでもカロリー計算ができていて、自分の摂取カロリーの制限をきちんと守れる人です。効果が出ない人は、単におかゆにしただけで、たくさん食べてしまい、あまりカロリーカットにならない人や、こってりしたおかずを今までよりたくさん食べてしまったというような方です。おかゆダイエットのコツは、いつも白米を食べていた茶碗で同じくらいの量を食べることです。実際には、白米を少しと水分をたっぷり摂取したということになりますが、見た目のかさも多く、脳が「しっかり食べた」と感じてくれるという効果が期待できます。おかゆは、柔らかく食べやすいですが、なるべく咀嚼を多めにしてゆっくり食べることがお勧めです。早食いにならないためにも、食べ順ダイエットを同時に行うなどの方法もお勧めです。

おかゆダイエットのやり方

おかゆダイエットのやり方は、いつも食べている白米をおかゆに置き換えるだけの簡単な方法です。注意したいのは、おかゆが好きな方はつい、たくさん食べてしまう傾向にあるということです。いつものように一汁三菜を心がけて、茶碗1杯のご飯を同じ量のおかゆに置き換えるというのがベストです。たくさん食べた気になるのに、実際には、いつもの白米の1/3程度の量しか食べていないことになるため、大幅なカロリーカットが可能です。特に炭水化物が好きで、炭水化物を食べ過ぎてしまう方や、間食で甘いものやおせんべいを食べてしまうというような方も多いと思います。炭水化物が好きな方は、慢性的に炭水化物過多なので、おかゆダイエットで白米を減らしても栄養的には問題がありません。むしろ健康的に痩せることができるので、メタボ予防や糖尿病予防、生活習慣病予防にも効果的です。おかゆは柔らかいため、早食いしてしまう可能性があるため、白米と同様にゆっくりと噛んで、時間をかけて食べるようにしましょう。1日3食がおかゆでも良いですが、他のものも食べたいという方は、1〜2食をおかゆに置き換えても良いでしょう。おかゆダイエットをしても痩せないという方は、そもそもカロリー計算ができていない方が多いので、必要摂取カロリーの見直しをしましょう。揚げ物などの油っこいおかずが多い方は、煮物や煮魚など、和食中心にするのがお勧めです。まったく体を動かしていないという場合には、ウォーキングなどの有酸素運動を取り入れるのも効果的です。