脅迫・恐喝対策の内容とは

Page breadcrumbsEnd of page breadcrumbs

探偵社や興信所が行う脅迫・恐喝対策はどのようなものでしょうか。まず、何と言っても調査依頼者と探偵社・興信所との間の綿密な打ち合わせが必要です。探偵社や興信所はこの打ち合わせで得られる情報量によって調査内容が大きく左右されてきます。脅迫・恐喝をはたらく人間は身元を偽っている人間がほとんどです。ですからまず脅迫・恐喝をはたらいている人間を特定しなければなりません。その為にまず電話の音声を録音して追跡調査ができる材料を揃えます。とはいえ、携帯電話がプリペイド式で誰ものかわからなかったり、車両を使っている場合はそれが本人のものでなく、盗難車であったりして、脅迫・恐喝をはたらいている人物の特定に至らないケースも多く見受けられます。そんな時は最終手段として調査員が脅迫・恐喝されている本人である調査依頼者に近しい人物を装い、直接脅迫・恐喝をはたらく人物に接触することもあります。そしてその人物を尾行したり、張り込むことで身元を明らかにし、脅迫・恐喝の証拠をそろえるのです。如何に脅迫・恐喝の証拠を取りそろえるか、それが探偵社・興信所に与えられた使命です。