転職したばかりだけどローンは組める?

Page breadcrumbsEnd of page breadcrumbs

ローンを組む場合、多くの申込書には「勤続年数」を記載する欄がもうけられています。

住宅ローンの場合には、最低勤続年数が定められているケースも多くなっています。

これは、勤続年数が長い人はそれだけ個人の信用が高いと考えられるため、審査では勤続年数が長い方が有利に働き、逆に勤続年数が年齢の割に短い場合には、審査は不利に働くと言われています。

ただ、転職をしたばかりの場合には勤続年数が浅く、最低勤続年数(多くは2〜3年)に満たない場合でも、その他の項目で個人の信用が高い、または物的保証がある場合には、審査に通過することもあります。例えば、転職前と転職後で、同じ業界なのに年収がアップしているという場合には、前向きな転職であり返済能力もあると考えられますし、同じ転職でもグループ会社ないでの転職というものもありますよね。

一律に転職後だから信用が低いということではなく、総合的に審査を行うことも多くなっています。ただ、転職を繰り返し、職場が安定しないようなケースでは、融資を行ってもすぐに仕事を辞めてしまって返済不能に陥る心配があるということで審査に通らないというケースもあります。