おかゆダイエットのやり方

おかゆダイエットのやり方は、いつも食べている白米をおかゆに置き換えるだけの簡単な方法です。注意したいのは、おかゆが好きな方はつい、たくさん食べてしまう傾向にあるということです。いつものように一汁三菜を心がけて、茶碗1杯のご飯を同じ量のおかゆに置き換えるというのがベストです。たくさん食べた気になるのに、実際には、いつもの白米の1/3程度の量しか食べていないことになるため、大幅なカロリーカットが可能です。特に炭水化物が好きで、炭水化物を食べ過ぎてしまう方や、間食で甘いものやおせんべいを食べてしまうというような方も多いと思います。炭水化物が好きな方は、慢性的に炭水化物過多なので、おかゆダイエットで白米を減らしても栄養的には問題がありません。むしろ健康的に痩せることができるので、メタボ予防や糖尿病予防、生活習慣病予防にも効果的です。おかゆは柔らかいため、早食いしてしまう可能性があるため、白米と同様にゆっくりと噛んで、時間をかけて食べるようにしましょう。1日3食がおかゆでも良いですが、他のものも食べたいという方は、1〜2食をおかゆに置き換えても良いでしょう。おかゆダイエットをしても痩せないという方は、そもそもカロリー計算ができていない方が多いので、必要摂取カロリーの見直しをしましょう。揚げ物などの油っこいおかずが多い方は、煮物や煮魚など、和食中心にするのがお勧めです。まったく体を動かしていないという場合には、ウォーキングなどの有酸素運動を取り入れるのも効果的です。

優遇金利ってなに?

優遇金利ってなにかというと、その名の通り金利が優遇されたものを指します。

通常の店頭金利から優遇幅を割り引いた金利のことで、ある一定の条件を満たすことで適用されるようになっています。各種キャンペーンなどによって適用される特別な金利であり、とてもお得な金利のことです。

優遇金利は、金融機関が提示するものですが、条件がクリアできて初めて適応されます。キャンペーン金利とも呼ばれているもので、通常、申し込み期間が設けられています。

店頭金利は金融機関が定めている基準となる金利になりますが、優遇金利は特別な内容になっています。主に3か月ほどの期間を区切って打ち出すことが多く、その時の金利情勢によって優遇金利の幅が設定されます。

優遇金利を利用すれば、安い金利で借り入れすることができ、返済終了までその金利を活用することができます。

ローン返済期間中は優遇金利がそのままずっと適応になるので、返済終了まで優遇金利を享受できます。ただ、優遇金利を利用するには、条件が満たせないと適用されません。また、固定期間終了後に店頭金利が上がった場合、最初の支払いより月々の返済が上がる可能性があるので注意が必要です。

低金利の借り入れ方法

お金を借りる時に注意してチェックしておきたいのは金利です。金利が高ければそれだけ返済する時に必要になる利息が高くなりますので、どうしても返済の負担が重くなってきます。

では、低金利でお金を借りるにはどうしたらいいのでしょうか?金利はそれぞれの金融機関によって異なります。

利息制限法によって利息の上限に決まりはありますが、下限にはとくに決まりがないためで、金利はその金融機関の資本力などによっても異なってきます。

一般的な消費者金融のカードローンに比べると、メガバンク傘下の銀行系カードローンの方が金利は低く、さらに銀行が直接運営している銀行カードローンはさらに金利は低くなりますので、低金利で借入をするなら銀行カードローンを利用することがおすすめです。さらに、金利には幅があります。

基本的に低金利かどうかをチェックする時には、最低金利ではなく、最高金利のほうをチェックします。特に少額融資(100万円以下)の場合に適用されるのは通常最高金利に近い金額ですので、最低金利をチェックすることで、低金利で融資を行ってくれる金融機関を調べることが出来ますよ。

転職したばかりだけどローンは組める?

ローンを組む場合、多くの申込書には「勤続年数」を記載する欄がもうけられています。

住宅ローンの場合には、最低勤続年数が定められているケースも多くなっています。

これは、勤続年数が長い人はそれだけ個人の信用が高いと考えられるため、審査では勤続年数が長い方が有利に働き、逆に勤続年数が年齢の割に短い場合には、審査は不利に働くと言われています。

ただ、転職をしたばかりの場合には勤続年数が浅く、最低勤続年数(多くは2〜3年)に満たない場合でも、その他の項目で個人の信用が高い、または物的保証がある場合には、審査に通過することもあります。例えば、転職前と転職後で、同じ業界なのに年収がアップしているという場合には、前向きな転職であり返済能力もあると考えられますし、同じ転職でもグループ会社ないでの転職というものもありますよね。

一律に転職後だから信用が低いということではなく、総合的に審査を行うことも多くなっています。ただ、転職を繰り返し、職場が安定しないようなケースでは、融資を行ってもすぐに仕事を辞めてしまって返済不能に陥る心配があるということで審査に通らないというケースもあります。